pick up!
 
image
ecショップ アスペハート・サポートブック通信販売
参考出版物 amazonストア
ASP情報案内メールマガジン

設立趣旨書

アスペ・エルデの会とは
この会は、単に人の集まりというわけではなく、子どもたち・専門家・スタッフ・親で組織している、子どもたちの発達援助をするためのシステムです。

ここに入会している子どもたちは、医師及び専門家によって発達障害であると診断された子どもと成人です。専門家は、子どもたちを長期に渡り療育及び自立に向けてのサポートを行います。子どもたちの成長を助け見守り、居場所を確立すると共に専門家のスタッフを育成し「生涯にわたる発達援助システム」を確立し、実践することを目的とします。

そこで今クローズアップされているのが彼らの社会的自立です。もし彼らの障害特性が理解され、能力にあった職業に就くことができれば、税金からの生活保障と言う形の「公的年金」の支出を防ぐばかりか「納税者」として存在できます。この会はそうした子どもたちへの社会的自立のための支援を考え、取り組んでいる会です。

また、子どもたちのための発達支援ができるような場を作っていこうという親たちの動きが中核になってできています。当事者が動くことが当事者にとって最も良い支援のシステムを生み出すのではないかと考え、自分たちの住んでいる地域で子どもたちへの発達支援グループの活動が中心になっています。そうした活動の中の専門性を維持・発展させるために発達支援に実際に関わる人(スタッフ)の養成もしていきます。

また、支援に必要な専門性を高めていく調査研究をしていく研究機関としての機能をもちます。
さらに活動を共にしつつ、さまざまな形で支援し合う親や本人の自助グループとしての役割も持っています。

このように、子どもたちの支援の場、自助会、専門家養成、発達支援についての啓発、発信点、研究機関を統合的に目指していく「生涯発達援助システム」がアスペ・エルデの会です。
設立趣旨書
平成13年9月30日

設 立 趣 旨 書

  1. 趣  旨
    アスペ・エルデの会は今迄医学、心理学領域における発達障害児への発達支援専門家及び親達を中心とする任意団体として活動してまいりましたが、発達障害児・者の社会への正しい知識の啓蒙活動、適切な療育、学校・行政への働きかけ、就労の場、生活の場の確保を継続して遂行していくためには、会としての基盤固めをしていく必要があると考えております。
    発達障害児・者の将来を考えた時、より安定した活動ができる法人組織として会を運営し発展させていきたいと願っております。 さらに、法人組織として、発達障害児・者のよりよい成長、幸福な人生の創造に貢献するとともに、社会全体の利益の増進に寄与していく事が今社会的にも求められていると自覚しております。 発達障害児・者のため、その保護者、関係者のため、そして未だ見ぬ将来の仲間達のためにも、私達は今、「特定非営利活動法人 アスペ・エルデの会」を設立いたします。

  2. 設立の認証申請に至るまでの経過
    アスペ・エルデの会は現在ディレクターである辻井正次中京大学助教授、杉山登志郎静岡大学教授の主宰のもと、平成4年に名古屋大学キャンパスにおいて11名で活動を開始しました。その頃は同じ様な子どもを持つ親達が集まって情報を共有しあい「何とか子ども達の療育の場、楽しい生活の場をつくれないか」ということで周りの無理解の中、孤軍奮闘していました。
    平成6年には活動場所を岐阜聖徳学園大学羽島キャンパスに移し、より広く伸び伸びした環境で療育が行われるようになりました。その様な活動が徐々に理解され、東海3県を中心にこの会に賛同される方々が増えていき、平成10年には登録会員100名を超え、会の組織、活動規模共に大きくなってきました。
    そこで、親達の自助組織として「アスペ・エルデ親の会」を設立し、今迄ディレクターの先生方が中心にやってこられた活動を親中心に活動展開していくことにしました。そして、子ども達の療育活動として、「定例療育」、「夏のキャンプ」、「クリスマス会」等を行うと共に親達は医療や教育の専門家を招いた「セミナー」や「自主的勉強会」を実施してまいりました。広報活動としては機関紙「アスペハート」の発刊を実施してまいりました。また、学校の先生方に理解を得るための「教師セミナー」の実施、療育の専門家を養成する「スペシャリストスク-ル」、「ボランティアスクール」を開催してまいりました。
    これらの甲斐あって、少しづつですが、周りの理解も得られる兆しが見えてきましたが、法人組織としてより安定した活動を実施していき発達障害児・者の生活を継続的に支援していきたいと考えます。
特定非営利活動法人 アスペ・エルデの会
設立代表者 住所          
氏名         印